世界を相手に|未経験から貿易事務として働くためには

男の人と女の人

より良い待遇で採用されるには

ネイル

兵庫県はネイリスト求人が多いです。そんな求人の中でできるだけ良い条件で採用されるためには、ちょっとした条件があります。資格や経験などアピールできる部分はできるだけアピールしましょう。

もっと見る

パソコンスキルが重要

スーツの人達

もし、あなたが英語力を活かした仕事につきたいとお考えならば、貿易事務のお仕事はいかがでしょうか。貿易事務とは、海外との物流を行う貿易の会社の事務作業を行う人のことであり、書類整理やデータ入力と言った仕事を行います。基本的には日本で行う事務作業と大して変わりはないのですが、海外を相手に行う仕事なので英語力が必要となります。
貿易事務の仕事を未経験者で行いたい場合、まずは未経験者歓迎の職場を探すことから始まります。求人サイトなどで貿易事務を検索し、職場を探しましょう。貿易事務は主に照射や外資系のメーカー、他にも船会社などが当てはまる他、個人でやっている人のアシスタントとして雇ってもらえるチャンスも僅かにですが存在します。無論、未経験者歓迎でも経験者が優遇されることが多いため、面接や書類選考では存分にアピールしなければなりません。
未経験者でも採用されるためには、様々なスキルを習得しているのが好ましいです。英語力はもちろん、簿記の資格やワード、エクセルと言ったソフトの使い方をマスターしていること、他にも何かジムとして活かせる特技を有していれば採用率は上がります。なお、英語力の証明としてTOEICで高得点をとったことがあるというのは非常に有効なため、TOEICのテストは高得点を目指しましょう。そして、面接時ではいかに自分を採用すればメリットが有るかということを全面に押し出し、自分の強みを最大限アピールしましょう。

派遣と正社員の違い

作業員

建築現場での仕事は、派遣社員と正社員で大きな違いがあります。派遣の仕事は主に施工管理業であり、現場作業員のサポートに回ることが殆どとなっています。その理由は、雇用形態が関係しています。

もっと見る

経験の要らない職場

オペレーター

コールセンターでのお仕事は、特に必要なスキルも資格もなく、ハキハキと答える事ができればそれで歓迎されることの多い職場です。そのため、近年コールセンターの人気は増加しています。

もっと見る